« 「ふち付け君」新バージョン情報 | トップページ | ふち付け君 ver 2 のリリース »

2009.02.14

ムービーの回転(マック)

「ふち付け君」新バージョンの公開は手続きの完了を待つばかりになっていますので今しばらくお待ちください。

今日は久しぶりにマックのネタ。
知り合いの方が携帯でとったムービーを間違った方向で撮ってしまい見にくいという話をしていましたのでちょっと考えてみました。
QuickTime のプロライセンスを買えば回転させる機能が使えるようになります。
ネットでググってみるとライセンスを買わなくても AppleScript で Player を操作すれば回転が可能とのこと。
いくつかのサンプルスクリプトを試したみましたが、私の環境ではなぜかうまく動きません。
そこでサンプルをそのまま持ってくるのでなく参考にコード自体は書き直していたら動かせるようになりました。

「RotaeMovie.sit」をダウンロード

ダウンロードしたファイルを解凍してください。
なお、対象となるムービーは AU の携帯を想定していますが、QuickTime が開けるムービーなら大丈夫なのではないかと思います。また、Mac OS X 10.5.6で作りましたが、QuickTime を最新にしてあれば OS のバージョンが多少古くても動くと思います。
なお、このアプリケーションの利用に関しては何の保証も補償もできませんので各自の責任でお試しください。

使い方は回転させたいムービーだけを QuickTime Player で開いた状態にしてから RotateMovie.app を起動してください。回転方向を指定するダイアログが表示されるので選ぶと元のファイル名に"R"をつけたファイル英で変換したファイルを保存します。
実行例はこんな感じです(画像は QT Plasyer の キャプチャーですので再生はできません)。

<回転前 : Sample.mov>
Sample「Sample.mov」をダウンロード


<回転後 : SampleR.mov>
Sampler_2「SampleR.mov」をダウンロード

|

« 「ふち付け君」新バージョン情報 | トップページ | ふち付け君 ver 2 のリリース »

コメント

せっかく撮ったペットの動画、横になっていて悲しんでいました。
色々検索していても、どうしようもなく、ソフトを導入するにしても、何がいいのかよくわからず……

でも、こちらの記事のおかげで無事見られる動画になりました!

感謝、感激です!

投稿: もこすけの世話人 | 2009.06.03 21:45

>もこすけの世話人 さん
友人に同じように困っている人がいてググってみたら割と簡単にできるという情報を見つけました。
見つけたサンプルプログラムを参考に操作周りを簡単に扱えるようにしただけですのでたいしたものではありません。実際の変換なんかはもともとQuickTimeが持っている機能ですから。

お役に立ててよかったです。

投稿: osanpo | 2009.06.05 01:19

同じく、わんこのvideoが修正できて、嬉しいです。
ありがとうございました。

投稿: ali | 2009.09.18 13:31

回転して見ることはできるのですが保存ができませんでした><なぜ!?

投稿: りょんりょん | 2009.11.11 12:26

>りょんりょんさん
保存という操作をしなくても新しいファイルが自動的にできます。
元のファイルと同じ場所に作るので元のファイルが書き込み禁止の場所(CD-R上やロックしたSDカードなど)にあるとファイルがうまく作れません。
右上のメール送信から詳しい状態を教えていただければ何らかのアドバイスができるかもしれません。

投稿: osanpo | 2009.11.11 14:09

こんな便利なものがあったんですねw
非常に助かりました!ありがとうございます!

投稿: バイカー | 2011.05.08 16:41

素晴らしい!!ありがとうございました。
長年のフラストレーションが解消できました。

投稿: stomvi | 2011.12.27 07:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12443/44062561

この記事へのトラックバック一覧です: ムービーの回転(マック):

« 「ふち付け君」新バージョン情報 | トップページ | ふち付け君 ver 2 のリリース »