ハーフな写真

久しぶりにハーフなカメラ(RICHO AutoHalf)で撮影した写真です。フィルムはフジのNEOPAN PRESTO 400で、先月の頭あたりに撮影した写真ですが、なかなか現像する時間がなくて・・・まあ、季節感のない写真がほとんどなので。
Monochrome with AutoHalf 080729 #01

特に理由はないのですが、まずは狛犬から。見かけると撮らずにはいられないので(笑)。
Monochrome with AutoHalf 080729 #02Monochrome with AutoHalf 080729 #03

そしてノスタルジーを感じさせる写真を。
Monochrome with AutoHalf 080729 #04Monochrome with AutoHalf 080729 #05

最後は・・・
Monochrome with AutoHalf 080729 #07おなじみの木曽三川公園から。

↓ たまにはモノクロのお花畑もいいかな。
Monochrome with AutoHalf 080729 #06

記事番号 #1745

| | コメント (3)

新しいハーフカメラ

今日もいまいちのお天気でした。
先日入手したジャンクカメラの試し撮りに出かけて残っていたフィルムを使い切ってきました。
By Auto Half 071215 #07このカメラはハーフサイズのカメラでこれまでにもPEN EE-3,EE-2,FUJICA HALFの3台をいずれもジャンクで購入して使えるように整備して持っています。今回手に入れたのはリコーのオートハーフ SE2というカメラです。今回もモルトの張り替え程度で使えるようになりました。


071213_0128~0001このカメラは他のハーフと同様に30年ほど前にはやったハーフサイズ(フィルムの枚数の倍撮れるカメラ)です。私が入手したオートハーフはシリーズの中でも中期頃の製品です。このカメラの面白い点はフィルムの巻き上げにゼンマイを使用していることです。ゼンマイを巻いておくとシャッターを押すたびに今のフィルムカメラがモーターで巻き上げるようにゼンマイで巻き上げが行われます。ハーフのカメラの中でもかなり小型の部類ですが、メカが詰まっているのでずっしり重いです。

他のカメラと同じようにセレン電池を使用して明るさを測って露出を調整するようになっています。ただし、どのカメラも古いのでこの電池が劣化していて電磁としての発電力が落ちているようです。その結果どのカメラも撮った写真が露出オーバー気味になります。
根本的な修理は難しいのですが、フィルムのISO設定を騙すことで対応しています。つまり、ISO100のフィルムを入れた時に設定はISO200にセットするといった感じです(当時のカメラはISOでなくASAと書かれています)。どのくらいずらせばいいかは試して見るしかないのですが。困るのは当時のカメラはISO400までしか対応していないのでISO400のフィルムを入れると補正できないことです。

By Auto Half 071215 #05By Auto Half 071215 #06
By Auto Half 071215 #02IOSO100で撮影していたのでやはりオーバー気味でした。スキャン時に補正しながらスキャンしてちょっとお化粧しました。
写っている写真を見るとオーバー気味で色は多少トビ気味でコントラストが弱いのですが、補正したことでかなりきれいにできました。固定焦点にもかかわらず細かい点まできれいに映っていますし、解像度も悪くないなかなかいいカメラです。

Flickrに他にも大きめに見ていただける写真がありますのでぜひご覧ください。

今日のちょっと大きめ。
By Auto Half 071215 #01

記事番号 #1529

| | コメント (2)