« ヒガンバナ | トップページ | 秋の中に咲く夏 »

兼六園

もう一か月くらい前になりますが、台風が迫っている時に仕事で新潟へ出掛けた時に途中立ち寄った金沢の兼六園での写真を。ちょっと雲が多い日でしたが、まだまだ暑い日でした。

Kenrokuen #02


思いの外広い庭園で驚きました。移動の途中で立ち寄ったので余り時間が無かったので庭園の一部だけしか見られませんでした。
定番の「徽軫灯籠(ことじとうろう)」はちゃんと撮ってきました。この灯籠はもともとこういうデザインだと思っていたのですが、昔、誰かがいたずらで壊したためなんとかそのまま立てようとして今の形になったそうです。本来はきちんと復元すべきだと思いますが、私はこの形はとてもいいおさまり具合だと思います。

Kenrokuen #01


この角度から見ると普通の一本足。でも二本足の灯籠自体余りなじみがないのでちょっとスリムすぎてふしぎな漢字です。

Kenrokuen #05


もう一つの名物、日本最古といわれるの噴水。灯籠がある池から少し低くなった場所にあり池から引いた水が高低差を利用していてポンプなどを使わず噴出しているそうです。だからこの雲水の頂点が池の水面と同じ高さだそうで。


Kenrokuen #03


一部しか見られませんでしたが、時間があれば手入れされた庭園が楽しめたのにちょっと残念。

Kenrokuen #04


カエデの木や桜がたくさんあるので春の花の時期や紅葉の時期にこれればもっときれいだったかな。

記事番号 #3012

|

« ヒガンバナ | トップページ | 秋の中に咲く夏 »

コメント

松の手入れがいいですよね。
もうすぐ雪つりでしょうか。

投稿: モンちゃん | 2013/10/31 15:59

>モンちゃん
はじめて出掛けました。
とてもきれいに整備されていますね。

投稿: osanpo | 2013/11/24 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12443/58371018

この記事へのトラックバック一覧です: 兼六園:

« ヒガンバナ | トップページ | 秋の中に咲く夏 »