« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

光と影

この週末は荒れ模様になりそうですが、週の前半は快晴に恵まれていました。

Tower


まだまだ日差しは強いのですが、風は乾いていて心地よい涼風。秋の気配さえ感じます。

Light and Shadow #01


石垣に強い光が当たり影ができています。

Light and Shadow #02


石垣の切れ目をとおる道。日のあたる真っ白な櫓と影になって黒くそびえる石垣。

Light and Shadow #03


濠端の白壁にも木の影。

記事番号 #2998

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに花を。

Flowers #02


サルスベリの花をあちこちで見かける事が多くなりました。

Flowers #03


一度散ってしまったノウゼンカズラがまた花をつけています。

Flowers #04


よく見るこの花も大好き。

Flowers #01

この花ユリじゃないよな、名前が思い出せない。

記事番号 #2997

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県立美術館

東京/福島への旅に戻って福島県立美術館の写真を。

Fukushima Prefectural Museum of Art #01


広々とした庭にしゃれた建物。

Fukushima Prefectural Museum of Art #05


建物のロビーは天井が高く。

Fukushima Prefectural Museum of Art #04


板張りの内装。

Fukushima Prefectural Museum of Art #03


外光が差し込む空間になっています。
見に行った展覧会はこれ。

Fukushima_prefectural_museum_of_art


幅広の看板なので左右別にとって合成しました。

記事番号 #2996


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルームーン

昨夜は満月。昨夜の月をブルームーンと呼ぶそうです。詳しい説明を読んでみたけどその由来はよくわからないのですが、どうもブルームーンは暦上の区切りの中で通常より満月が1回多く見られる時の月の呼び名のようです。

Blue Moon #01


夕方にはきれいな月が昇ってきましたが、暗くなる頃には雲が出てきたようでカメラを持って外に出ると月は雲間にかろうじて見えている状態です。

Blue Moon #02


雲が途切れたと思ってアップで撮ってみても月に叢雲。

Blue Moon #03


しばらく粘ってやっとクリアな満月が撮れました。

記事番号 #2995

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国立博物館

「かはく」の後は「トーハク」こと東京国立博物館へ。

Tokyo National Museum #06


「和洋の書」という展示をしていました。自分が字がひどいということもあり「書」にあまり興味がなくこれまで「書」の展覧会を見に行ったことがありませんでした。ちょっと前にテレビでやっていた「和洋の書」の紹介番組を見て興味を持ちました。

Tokyo National Museum #01


特別展は撮影禁止ですが、博物館の場合一部展示物以外は撮影可能なので少し写真を撮ってきました。十二神将像は各像がそれぞれ十二支の各年の守り神となっています。展示説明ではこの像が私の生まれ年の寅年担当になっていました。それ以外に取りやすい像をいくつか。

Tokyo National Museum #02


正面手前の子年担当。

Tokyo National Museum #04


卯年担当だったかな。

Tokyo National Museum #03


本館階段脇のステンドグラス。

Tokyo National Museum #05


休憩室の照明。


記事番号 #2994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深海

深海と行っても海に行ったわけではなく東京の国立科学博物館で行われている「深海展」を見に行きました。

Kahaku #01


目玉の一つは「しんかい6500」の実物大模型。

Kahaku #02


大きくてリアルで模型とは思えない迫力です。

Kahaku #04


今回の目玉は話題の「ダイオウイカ」の標本。写真の模型の下に全長5メートルの標本が置いてあります。写真も撮りましたが、標本なので見た目は微妙。ここに多くの深海生物展示されていますが、ほとんどが標本なので苦手な人にはきつそう。そんなわけで模型の写真だけ。

Kahaku #03


巨大なマッコウクジラ。この模型は数年前に見に来た「海の哺乳類展」にあったものと同じかな。

Kahaku #05


常設展にあるFujicの実物。Fujicは日本で最初に作られた電子計算機で富士フイルムが作ったものです。なぜ富士フイルムかというとレンズの設計には膨大な計算が必要なので自社で開発したという経緯のようです。

Kahaku #06


入出力は電動タイプライターを流用しているようです。

Kahaku #07


JRが作った初代MARSシステム。いわゆるみどりの窓口のために作られた予約システムです。


記事番号 #2993

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島交通

美術館の最寄り駅までは福島駅から福島交通のローカル線、飯坂温泉行きに乗って二駅で数分とすぐ近くです。

Fukushima Koutsu #01


宿泊先が駅から少し歩いた場所だったので朝は途中の駅から乗車。ホームで電車を待つ高校生。ローカル線らしい光景です。

Fukushima Koutsu #02


乗車してわずか数分で最寄り駅の「美術館図書館前」駅に到着。そのまんまの駅名で美術館までは歩いてすぐ。

Fukushima Koutsu #04


単線なので駅ですれ違い。

Fukushima Koutsu #03


すぐ横をJRが走っています。窓口が無人なので帰りは駅に乗車駅名が書かれた券を発行する機械で券を取って乗車。社内で乗車券を買いました。

Fukushima Koutsu #05


電車は福島駅で折り返しなので車掌さんと運転手さんが乗車位置を交代。
車掌バックとはさみを持った車掌さんをずいぶん久しぶりにみました。車掌さんが発車のアナウンスをした後最後尾に乗って発車の合図をして電車は発車していきました。

Fukushima Koutsu #06

記事番号 #2992

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東北新幹線

東京出張を含む旅行に出ていたためしばらくお休みしていました。東京での仕事を終えた後でどうしても出掛けたかった場所に行くために東北新幹線に。過去数回した乗ったことのない東北新幹線なので駅では写真をたくさん撮ってきました。

Touhoku Shinkansen #06


年に数回は東海道新幹線に乗りますが、東北新幹線に乗るのは十数年ぶりかな。

Touhoku Shinkansen #02


東海道新幹線になくて東北新幹線にあるのは二階建て車両。

Touhoku Shinkansen #01


おまけに二編成をつないでいました。東北新幹線では珍しくないのかもしれませんがとても新鮮に見えます。

Touhoku Shinkansen #04


この赤い車両は精悍でかっこがいいです。調べてみたら今年デビューした新型のこまち用車両。以前、旧型のこまちには乗る機会があったのですがこのデザインもいいですね。

Touhoku Shinkansen #05


こまちは盛岡までははやて・はやぶさに連結されていますので2色の新幹線の連結。


記事番号 #2991

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩しながら

暑さも少し和らいだ日々もそろそろ終わりか日々暑くなっています。

Pine


涼しくなった時間を選んでの散歩ですが、余り時間が無いために写真を控えめにして歩くペースを上げて運動量を確保しようと頑張ってます。

Column of flowers


写真に熱中してしまうと立ち止まってばっかり。

Ivy #02


時速3キロから4キロを目指して頑張ってます。

Ivy #01


おまけ、ネコ。

Cat

記事番号 #2990

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火

昨夜は花火大会。

Fire works #01


琵琶湖岸の会場まで出掛ける気力はなかったのでうちの近くから撮影しました。

Fire works #05


彦根城がある小山越しなので大きな打ち上げ花火しか見えませんが、右端に写っているのは天守の一部です。

Fire works #02


いろいろと条件が厳しい中で何とか撮った写真です。

Fire works #03


いい瞬間を逃しながらもなんとか撮影。

Fire works #04


スパムコメントが多数書き込まれていますので時間が経過した記事に関してはコメントできないようにします。何かありましたら来診の記事でもかまいませんのでコメントをどうぞ。

記事番号 #2989

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »